契約社員がキャッシングの審査に通過する条件

契約社員でもキャッシングの審査は問題なく通過します。条件さえ満たせば、消費者金融でも銀行カードローンでもクレジットカードのキャッシング枠でも心配無用です。

契約社員でも審査に通過する
確かに契約社員より正社員や公務員の方が審査に通過しやすいです。契約社員というと雇用の期間に定めがあるということですから、その点で正社員や公務員と比べて不安定な身分とみなされるからです。しかし、実際は就業形態がどうであれ、ある程度の収入が安定してある人なら問題なく審査に通過することがほとんどなので安心してください。

カードローンなら年収200万円以上
カードローンでは、クレジットカードのキャッシング枠の審査よりも多少厳しさは増すでしょう。もちろん金融業者によって多少の違いはあるので絶対ではありませんが、年収は最低200万円以上は欲しいところです。また、勤続年数も1年以上ないと継続性が認められない可能性があります。ただし、これは契約社員などの非正規雇用の場合で、契約社員から正社員に登用されれば、勤続年数が1年に達していなくても審査に通過する可能性が高いです。それだけ契約社員は厳しく審査されるということですが、クレジットヒストリーなどほかにカバーできる要素があればそれほど心配する必要はありません。